こんなにたくさんあった鉄道ファンの分類

鉄道を趣味とする鉄道ファンにはそれぞれ呼称がついて分類がされています。
まず、最もコアな鉄道ファン層と言われるのが、「車両鉄」と呼ばれるマニアの人たちです。

goo辞書に関する最新情報はこちらです。

車両の各系列や形式を詳細に把握していたり、車両の内装について座席の配置や車内の快適性を比較、検討したりといったことを楽しむ人たちです。

鉄道趣味雑誌でもこのタイプをターゲットにした記事が多く掲載されています。


本物の鉄道ファンの情報もあります。

次に、鉄道ファンの中でもポピュラーなのが「撮り鉄」と呼ばれる鉄道写真の撮影を趣味とする人たちです。車両そのものの写真や走行写真などを撮影します。

「撮り鉄」に人気の撮影スポットなども存在し、そのような場所には多くの「撮り鉄」が集まります。

「撮り鉄」の中には、模型製作の参考資料として鉄道写真を撮っている人もいます。車内放送や発車メロディなど鉄道に関する音声を録音し楽しむのが「音鉄」、「撮り鉄」と呼ばれる人たちです。走行音や警笛なども含まれ、それらを録音し、駅ごと、車両ごとに比較、検討して楽しむことを趣味としています。



鉄道ファンには、その他にも鉄道模型の製作を趣味としているタイプや切符や駅スタンプ、車両の部品など鉄道に関するグッズをコレクションすることを趣味とするタイプ、「乗り鉄」と呼ばれる鉄道旅行を趣味とするタイプ、時刻表を収集、研究することを趣味とするタイプなど様々なタイプが存在しています。



このように細分化された鉄道ファンの分類ですが、鉄道を愛するという点では変わりなく、日本では数多くの鉄道趣味サークルが存在しています。